​すべての記事

Rebozoテクニックワークショップを開催しました

2017年4月27日、オランダから講師のThea Van Tuyl 先生を招いて「Rebozoテクニックワークショップ 入門編」を開催しました。 Thea先生は、ドゥーラトレーナーでありチャイルドバースエデュケーターであり、そしてレボゾのスペシャリストとして、世界各国を回ってワークショップを開催されている方です。 レボゾというメキシコの伝統的な幅広の布を使ってのリラクゼーションのテクニック。もともとレボゾはお産のときだけでなく、赤ちゃんを運ぶスリングとして使われたり、スカーフやブランケットとして使用されていたり、日常生活の中でも活躍する万能な布です。メキシコの伝統的な助産師はお産のときや健診のときにレボゾを使って産痛緩和やリラクゼーションを施してきたそう。 今回のワークショップでは、入門編で短い時間ではありましたが、妊娠中や陣痛中のリラクゼーションや産痛緩和、呼吸を楽にする方法などのレボゾの使い方を教わりました。実践を重視したプログラムで、参加者の皆さんも言葉の壁を越えて技術を習得されていたように感じました。 個人的に印象的だったのは、椅子に座った状態で使うレボゾテクニックの可能性の広さです。椅子でのレボゾ使用は ”Safety(安全)”と講師のTheaさんはおっしゃっていました。この場合の ”Safety” は、心が守られているという意味の方の ”安全”です。そのSafetyという言葉にはとても深い意味が込められているし、私たちはドゥーラとしていつも心に留めておくべき心遣いでもあるのだと思います。 親しみがわく場所でなかったり人が出入りするような環境であったりする場合、横たわ

​アーカイブ
ベビースリーピング
妊娠中の腹
赤ちゃんの兄弟
Mother and Newborn
Pregnancy Photoshoot
Pregnant Woman in a Dress
Baby in Mother's Arms
リトル・大
赤ちゃんの握り
生まれたばかりの赤ちゃん