レボゾワークショップ in ヘルシンキ


2017年4月に開催したレボゾのワークショップの講師をしてくださったティアさんが、この秋、Midwifery Today Conferenceでレボゾの2日間ワークショップをされてきたそうです。

場所はフィンランドのヘルシンキ(写真、ティアさんから頂きました♥)。この素敵な場所は、ヘルシンキの要塞なんですって。こんなところでカンファレンスができるなんて、フィンランドって粋✨

スオメンリンナ-水辺の要塞

2日間のワークショップはとても充実していたそうで、参加者の方たちがレボゾを使うのがいかに楽しくて喜びに満ちているかをシェアし合っていたそう。また、痙攣やレストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)へのストレッチやレボゾの使い方を教える機会もあったそうで、レボゾは妊婦さんや出産中の人だけでなく、様々な人を快適にすることができるものだということを改めて感じられた素晴らしいワークショップだったとおっしゃっていました。

今回のヘルシンキのワークショップでまた様々な国からのオファーを受けたそう。とってもワールドワイドなティアさん。

ティアさんは世界中でレボゾを教えているだけでなく、15年以上もトレーナーとして、チャイルドバースエデュケーターの育成をされてきた方でもあります(ちなみにドゥーラのトレーナーでもあるんです)。

私たちもまた日本での次の企画をティアさんと相談中です。こんなに豊富な知識と経験のあるティアさんから学ぶ機会を、ぜひまた皆さんにお届けしたいと思っています。